優秀なエンジニアになるために

他社からヘッドハンティングの話が来るようになれば、エンジニアとしては一流になったと考えてもいいだろう。ヘッドハンティングはよほど有能だと認められなければされることがないので、新人エンジニアはまずここを目指して日々の仕事を頑張っていくことになる。ヘッドハンティングをされるような人材になるためには、いくつか心がけておかなくてはならないことがあるのを、まずは知るべきである。基本的なエンジニアリングスキルを身につけておくのは大前提として、それ以外にも心構え次第で変わってくる要素がいくつかあるので気をつけよう。

まずひとつに、根本から考えるという癖をつけておく必要がある。この案件はなぜこのような仕様になっているのか、そもそものところから考えて行かなければ、適切な提案はできないのだ。優秀なビジネスパーソンはこの点を理解していて、何でも根っこの部分から分析をして理解をするよう心がけているものである。パソコン仕事は単純作業と思っているのであれば、なかなか成功することは難しくなるだろう。
第二に、常にメンテナンス性を気にしながら作業を進めていくべきだという点が挙げられる。何かしら作業を進めていけば人間なら必ずミスを出してしまうものだが、優秀な人材はメンテナンス性に優れた仕事をしているのでミスの回復がしやすいのだ。ちょっとした工夫でも、時間効率や成果の大きさが随分違ってくる点を認識すべきである。

このように、ヘッドハンティングされる優秀なエンジニアには、そうなるだけの要素がある。それは日々の意識の仕方で習得できるものである。新人エンジニアは『ヘッドハンティングされるエンジニアの習慣』を見て、それが何なのかを知るところから始めるといいだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です