実際のヘッドハンティング

その世界でよく知られる有名なエンジニアは、国内外を問わずヘッドハンティングの対象となるケースがある。このとき問題になるのが、守秘義務の問題だ。知り得た情報は外部に漏らしてはならないというのは一般的な話で、大抵は企業等の雇用する側から入社時等において一筆記入するように求められている。それでも仕事をする中でエンジニアとして活躍していれば、一定のスキルや知識は身に付くものであるから、それを活かしてより良い環境で働きたいと思っているエンジニアも相当数いる。こうした人材は海外国内を問わず、他社からのヘッドハンティングによって、よりよい待遇の環境に移っていくことがあり得る。無論、雇用元からは引き止められたりするのが常であることから、引き留められる際における人間模様がよく小説などで取り上げられる。

こうしたヘッドハンティングの模様は、経済小説などではよく題材になりやすいテーマではある。特にここ10年余りにおいては海外のメーカーが優秀な技術者を取り込んでいこうという動きが活発であり、海外勢に引き抜かれたりするケースが目立った。ただし、彼らは技術を教えた段階で用済みとして解雇されることもあるので、そうした諸氏を見てきた国内の技術者の中には、あえて他社で活路を見出そうという動きはなくなってきているとも言われる。こうした悲喜こもごもの話も、喜怒哀楽の感情が強くなりやすく読者側からの感情移入がしやすいこともあり、小説の題材にはなりやすいとされている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です