ヘッドハンティングの依頼判断

エンジニアにとって、人から頼りにされて仕事をするのはやりがいが大きい。しかし一方で、仕事では割に合った仕事を選ぶ事も重要である。報酬に見合わないような労力の大きな仕事では、技術者自身が苦労する事にもなりかねない。ヘッドハンティングの話が舞い込んできたならば、その仕事が報酬に対して十分に利益となる物であるかについて、検討する必要がある。報酬の額面が大きいと、つい冷静な判断を失ってしまいがちである。しかし、報酬が高い仕事は、その難度が非常に高いということも多い。うっかり実力に合わない難しい仕事を引き受けてしまうと、仕事を引き受けた本人自身が苦労することになる。

このような問題を避けるには、たとえヘッドハンティングによる仕事の依頼がやってきたとしても、まずはある程度の考える時間を設けることが望ましい。依頼に対して冷静に判断してみれば、その仕事を引き受けるべきであるかどうかの適切な結論が出てくる。エンジニアが開発の仕事を引き受ける以上は、責任を持って最後までやり遂げなければならない。そのため、仕事を請ける判断には、責任感を持って決断を下す必要がある。エンジニアにヘッドハンティングによる依頼がやってきたならば、まずは交渉人と十分に話し合い、意思疎通を図る事が手始めとなる。具体的な仕事の内容や報酬などについて話を詰めていくことで、最終的にその仕事の依頼を引き受けるべきであるかどうかの判断ができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です