目標はスカウトされるほどのエンジニア

一つのことに取り組む以上は、それを極めたいと考えるのは自然な考え方である。特に仕事の事となれば、人に秀でて高い能力を身につけたいと考える。技術者が、仕事のスキルを高めることで、もっとやりがいある仕事にチャレンジしたり、収入を増やすことができる。またさらに、身につけた技術が高い水準に達すれば、ヘッドハンティングの対象ともなることができる点に、メリットがある。

通常、仕事は求職側から探すことが多く、雇われる側はどうしても弱い立場にある。しかし、エンジニアとして高い能力があると求人側から認められれば、人材を求めている求人側からコンタクトを取ってくる。このような立場に立つことができるような人間はごく限られていて、業界の中でも希少な技術者の人材である。確かに、ヘッドハンティングされるほどのエンジニアになるということは、簡単なものではない。各技術者たちが互いに技術向上のために切磋琢磨している中で、他者に差をつけるにはよりいっそうの努力を必要とする。必ずしも期待していた結果が表れるとは限らないが、技術者としての成長を自ら促すため、高い目標を持つことは決して無駄なことではない。仕事のスキルを磨き続けるためにはモチベーションが必要であり、多くの技術者は途中で挫折しやすい。しかし、いずれヘッドハントされるまでの技術者になるため、目標を追い続ければ、いつのまにか高度な仕事ができる技術者に成長できるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です